背中をきれいにする

背中をきれいにしたいと思う時、普段は気がつかないニキビやブツブツ

背中もニキビやニキビ跡、シミ・黒ずみができます。普段は背中が人目につくことはありませんが、ドレスを着るパーティや水着の時や温泉などではニキビやニキビ跡、シミ・黒ずみがあると目立ってしまいます。

「何だか背中が痒いな、なんだろう」と触ってみて初めてニキビができていた、といくこともまります。
見えないし手も届かない部位なので毎日のケアがむつかしいです。

背中のニキビやブツブツのお肌のケアで大切なこと

背中のお肌のケアといっても基本のケアは他の部位のお肌と同じです。
汚れ・皮脂を落とすこととお肌の潤いのバランスが大切です。

自分の背中は見えないし手も届かないので汚れ・皮脂を落ちぐあいやお肌の潤いの感覚がわかりません。
まず背中のトラブルを最小限に抑えるためには毎日、保湿をすることを心掛けましょう。

背中の保湿で一番いいのは方法は、入浴後などの体の体温が温かく、毛穴が開いていている時にケアをしましょう。

背中のお肌のトラブルの原因と普段からできる対策

背中ニキビの原因が皮脂の場合

背中ニキビに限らずニキビの多くは皮脂の分泌が原因の場合が多いです。
背中のシミや黒ずみ、炎症、湿疹などで、背中のお肌のトラブルがある場合も、もしかすると背中の皮脂が過剰に分泌しているのが原因かもしれません。
過剰に分泌されている皮脂は、毛穴内に詰まりやすく、そのまま固まってしまい黒いボツボツになります。
毛穴内にたまった皮脂は、背中ニキビの原因となる、皮脂をエサにしているアクネ菌を増殖させます。
アクネ菌が集まってしまった場合、背中ニキビになってしまう確率が高くなってしまいます。

背中ニキビの原因が食事の場合

油分や糖分が多い食べ物の肉類、動物性の脂肪を使った料理やケーキやチョコレートなどの甘いお菓子はニキビをできやすくさせます。
食事の内容によって、皮脂の分泌を活発にさせてしまいますので注意しましょう。
脂っこい食べ物は極力避けて、ヘルシーな食生活にしましょう。

背中ニキビの原因が 寝汗の場合

人は寝ている時に一晩でコップ1杯もの寝汗をかいています。
寝汗によって背中に油分や老廃物が溜まってしまい、ニキビの原因になってしまいます。
仰向けで寝ている場合は背中に汗をかきやすく、ムレやすいので肌を清潔に保てなくなります。
通気性の良いシーツや布団にする事や汗を良く吸ってくれ通気性のよいパジャマを着て清潔にしましょう。

 

サイトマップ

クレジットカ―ド 初心者